Watermark Embedded– インク・トナー節約、印刷コスト削減とセキュリティ印刷

サンプル設定ダイアログ

(サンプル設定ダイアログ)

「Watermark Embedded」は、透かし印刷の機能をモジュールで提供するDLLライブラリです。ソフトウェアメーカー様やインテグレータ様向けに、高付加価値製品実現のために組み込み、再頒布できるOEMライセンス製品としてご提供いたします。本機能を組み込むことにより、書式、フォント、サイズ、位置など自由設定のテキストや画像を透かしとして挿入できるようになります。標準呼び出し規約の関数での制御となりますので、組み込みも非常に簡単です。

機能と特徴

  • 書式、フォント、サイズ、色、位置など自由形式で透かし文字(ウオーターマーク)を挿入できます。
  • スタンプやロゴなどの画像を自由に挿入できます。
  • ユーザ名、コンピュータ名、ドキュメント名、プリンタ名、印刷日時などのセキュリティ情報も自動挿入できます。
  • 一般のアプリケーションやサーバーソフトになど、印刷機能をサポートする全てのアプリケーションに組み込み可能です。
  • プリンタドライバに依存しないため、どのようなプリンタにも対応します。
  • 印刷内容をビットマップにレンダリングしないので処理が非常に高速です。
  • 標準呼び出し規約の関数での制御となりますので、容易に組み込むことができます。dllを直接呼び出せる言語であれば、VC、VBなど何でも利用可能です。

動作環境:

対応OS:
Windows Vista、Windows 7、Windows 8、Windows 8.1、Windows 10、Windows Server 2008/R2、Windows Server 2012/R2、Windows Server 2016 (全て 32bit / 64bit 対応)
このページの一番上に戻る