Watermark Maker– インク・トナー節約、印刷コスト削減ならエコぷりんと

Watermark Maker とは

スクリーンショット

(イラストを全面展開したものです。レターヘッドの作成などに便利な機能です。)

「Watermark Maker(ウオーターマーク メーカー)」は、印刷文書内に、「社外持ち出し禁止です。」、「無駄な印刷はしないようにしましょう。」、また、「マル秘」や「至急」などのスタンプマークを自動的に透かし挿入できる常駐型の「透かし印刷ソフト」です。

書式、フォント、サイズ、位置など自由に設定可能です。また、画像も取り込めますので、会社のロゴやイラストをあしらったレターヘッドの作成にも利用できます。「誰が」「いつ」「何を印刷したか」等のセキュリティ情報を強制的に透かし印刷したりもできますので、私的印刷や情報漏洩防止に利用することもできます。

カラー透かし

印刷文書内に、「社外持ち出し禁止です。」、「無駄な印刷はしないようにしましょう。」、また、「マル秘」や「至急」などのスタンプマークを自動的に印刷できます。書式、フォント、サイズ、位置など自由に設定可能です。

また、画像も取り込めますので、会社のロゴやイラストをあしらったレターヘッドの作成にも利用できます。

「誰が」、「いつ」、「何を」などのセキュリlテイ情報を自動的に挿入可能

スクリーンショット

「ユーザ名」、「コンピュータ名」、「ドキュメント名」、「プリンタ名」、「日付」、「時間」等のセキュリティ情報を強制的に透かし印刷したりもできます。印刷物の出所が明確になり、私的印刷や情報漏洩防止に効果的です。

印刷履歴の保存

印刷日時、ページ数、ドキュメント名、プリンタ名、コンピュータ名、ユーザ名、部数、カラー/モノクロ、両面、用紙サイズなどの印刷履歴を保存しておけます。保存した履歴はCSV形式での保存も可能、「誰が」「何時」「何 処で印刷したか」など印刷物の管理に役立てることができます。

パスワードによる保護

スクリーンショット

パスワード認証を設定しておくことにより、パスワード認証を行わないと「透かしの管理」や「オプション設定」表示できず、勝手に」設定変更されることを防ぐことができます。会社などで、管理者が一律設定し、各クライアントでの変更をできなくできますので、全ての印刷物にユーザ名や印刷日時を強制的に印刷したいときなどに利用できます。

アプリケーション毎の透かし強制と解除

スクリーンショット

透かしを適用したいアプリケーション、または、適用したくないアプリケーションを設定できます。写真印刷ソフトなど、透かしを適用せずに印刷したいアプリケーションを利用しているときなどに便利な機能です。

プリンタ毎の透かし強制と解除

スクリーンショット

透かしを適用したくないプリンタを設定できます。特別な用途のプリンタで、透かしを含めずに印刷したい場合に便利な機能です。

設定内容のインポート/エクスポート

カラー透かしの設定内容を保存し、設定ファイルを他のPCにコピーすることにより、同じ設定を他のPCでも利用でき便利です。

簡単操作、特別な操作なく透かしが印刷されます

常駐型ソフトですので、PCを起動すると自動的に透かし機能が有効になります。 特別な操作は必要ありません。 従来通り印刷をすると自動的に透かし印刷されます。

印刷テスト

スクリーンショット

「印刷テスト」機能で実際に紙に印刷して、透かし内容を確認できます。

Watermark Releaser(オプション製品)

スクリーンショット

「Watermark Maker」 で、透かし挿入が強制設定され、透かしの “On/Off” が禁止されている環境でも、透かしなしで印刷を行えるようにするUSB解除キーの作成/管理を行うソフトウェアです。USBメモリに解除キーファイルを書き込み、それを元に制限の解除を行いますので、PCに解除キーファイルを書き込んだUSBメモリを挿入することにより設定された透かしを自動的に無効にして印刷することができます。解除キーファイルは、他のUSBメモリにコピーしても使用できないため、不正な使用を防ぐことができます。なお、1ライセンスで作成できる透かし解除USBキーは無制限となります。また、少量の透かし解除USBキーしか必要ないユーザ様向けに、透かし解除キーを含んだUSBメモリの提供も行います。

アドミンパックについて

管理ツール「ネットワークインストーラ」を利用してネットワーク上で「Watermark Maker」をインストールできる製品です。シリアルナンバーが自動的に組み込まれますので、わざわざ各クライアントで製品登録する必要がありません。未使用シリアル回収、利用者の確認なども行えます。また、透かしなど設定も管理者による一斉設定・更新が可能です。ActiveDirectory を利用した配布や自動設定も可能です。アドミンパックは最小10ユーザからとなります。

管理ツール(ネットワークインストーラ)

スクリーンショット

各クライアントから簡単にインストールすることが可能になります。また、管理者があらかじめ設定した各設定機能の表示/非表示、カラー透かし、除外アプリケーション、その他設定を各クライアントへ一元的に自動設定することが可能です。ライセンスの追加・回収なども行えます。

使用ライセンスとユーザの確認

スクリーンショット

使用済みシリアルナンバーと使用ユーザを確認できます。

ActiveDirectory を利用した配布や自動設定

ActiveDirectoryを利用して、ネットワーク越しに複数のコンピュータへインストールすることもできます。管理者があらかじめ設定した各設定内容を各クライアントへ一元的に自動設定することが可能です。

各種設定

スクリーンショット

透かし、認証の設定、アプリケーション除外/許可、プリンタ除外/許可、印刷履歴の記録など、管理者があらかじめ設定しておくことにより、各クライアントからのインストール時に各クライアントに各内容が自動設定されます。各クライアントの設定内容を統一したいときなどに利用できます。

設定内容の更新

管理者が変更した設定内容を次のクライアントPC起動時に各クライアント上で自動更新させることができますので、設定内容を一元化できます。

設定内容の一括更新(設定のオプション)

本オプションをチェックしておくと、管理者が変更した設定内容を次のクライアントPC起動時に各クライアントで自動更新させることができます。セキュリティを目的として、各クライアントの透かし内容を管理する時に便利な機能です。

ログサーバー

スクリーンショット

各クライアントの印刷ログを収集して印刷状況を確認したり、解析に利用することができます。

動作環境

対応OS:
Windows XP (32bit / 64bit)、Windows Vista (32bit / 64bit)、Windows 7 (32bit / 64bit)、Windows Server 2003/R2 (32bit / 64bit)、Windows Server 2008/R2 (32bit / 64bit)
*ターミナルサービスやリモートデスクトップサービス対応版もあります。詳細は、営業までお問合わせください。
動作するコンピュータ:
Pentium (または完全互換)200MHz以上のCPUを搭載したIBM PC/AT互換機
*Intel Itanium CPU (IA-64) には対応していません。
動作に必要なメモリ:
256MB以上 (Vista/7/Sever 2003/Server 2008 は 1GB 以上)
インストールに必要なディスク空き容量:
10MB以上

その他:

  1. ほとんどのPDF作成ソフト(仮想プリンタドライバ)には適用されないように設計されていますが、適用されてしまうPDF作成ソフトや仮想プリンタドライバをご利用の際は、本機能を無効にするか、プリンタの除外リストへ登録した上で、印刷することをお薦めします。
  2. 「印刷履歴」のログに記載されるページ数は、印刷対象文書から出力したページ数になります。複数部印刷した場合には、部数もログされますので、ログをCSVに出力して、合計印刷枚数を計算する必要があります。
  3. プリンタの機種によっては、プリンタドライバの「割付印刷機能」で複数ページを1枚の用紙に印刷した場合、正常に印刷されない場合があります。あらかじめ確認した上でご利用ください。なお、ラスタモードを使用することで、改善される場合があります。
  4. ポストスクリプトのプリンタドライバを使用している場合、ポストスクリプトドライバの再現性 (変換性能) の問題から、正確に印刷されない可能性があります。メーカーのサイトより最新バージョンのドライバをダウンロードし、それを使用しても改善されない場合は、PostScript 以外の言語を使用するドライバを使用してみてください。多くのメーカーでは、PCL などの別の言語を使用するドライバを用意しています。
  5. 本製品は、ドットマトリクスプリンタおよびプロッタ、その他特殊なプリンタでは、透かし機能は働きません。
  6. プリンタの機種によっては、ドライバの再現性の問題で、透かしの濃さが正確に反映されない場合がありま す。
  7. 「透かし」にはセーブ機能が適用されません。本機能の設定画面の「濃さ」で調整してください。デフォルトは 20%の設定となっております。
  8. 「透かし」は文書の背面ではなく、前面に印字されます。インク/トナーの削減率が高く設定されている場合に、透かし文字が元の文書の上に印字され元の文字や画像が隠れてしまう場合があります。削減率を高くする場合には透かしの濃度を低く(30%以下)指定するようにしてください。
このページの一番上に戻る